Autumn PHOTO kei9594wa.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

主に自宅の庭の花や風景写真に俳句を添えて掲載しています。


by 笹嶺霧子
プロフィールを見る
画像一覧

雑詠4月7日


c0330122_17004192.jpg



*干し蕨食めば哀しき里の山


*春深み諸鳥啼くや木のうれに


うれ→ 梢  樹木の先端の 部分


[PR]
Commented by 今人 at 2015-04-08 15:32 x
干し蕨食めば哀しき里の山 → ○  

哀しき里山の「哀しき」が効いています、干し蕨を修飾している。

*春深み諸鳥啼くや木々のうれ → 

「うれ」とは「熟れ」ですか? 熟れだとした場合、春深みと同意に
なりませんか。春の行く、とか春過ぎしとかで少し遠くしては
どうでしょう。いずれにしても、着眼は素晴らしいと思います。

Commented by kei9594wa1576 at 2015-04-08 16:43
今人さま

ありがとうございます。
古語の短歌でよく使われる梢(うれ)、「木の梢」と言う意味です。
Commented by 今人 at 2015-04-08 16:55 x
古語の短歌でよく使われる梢(うれ)、「木の梢」と言う意味です。

なるほど、浅識お恥ずかしい次第です(汗
それでしたら)、「木の梢」としてルビ打ちでいかがでしょう。
Commented by kei9594wa1576 at 2015-04-08 17:23
今人さま

はいそうしておきます。

語数が足りないので「木々」としています。
by kei9594wa1576 | 2015-04-07 17:06 | 俳句 | Comments(4)