PHOTO haiku

kei9594wa.exblog.jp ブログトップ

雑詠4月20日

c0330122_09401093.jpg



*雨隠る茶摘む媼の襷掛け


*迎え梅雨大き木あまた青々し

**迎え梅雨天突く松葉青々し


媼→ おうな 年をとった女
襷→ たすき




[PR]
by kei9594wa1576 | 2015-04-20 09:24 | 俳句 | Comments(6)
Commented by 今人 at 2015-04-20 16:57 x
雨隠る茶摘む媼の襷掛け  → ◎  

良いですね、媼の襷掛けが絶品です
雨隠るの季語も効いていますね

迎え梅雨大き木あまた青々し → やり直し

大き、木ですと、きが続くので音が悪い
数多あまたも冗長です
折角の迎え梅雨と青々しが活きてこない
中七を推敲して欲しい
詩情をいれることできませんか

Commented by kei9594wa1576 at 2015-04-20 17:30
今人さま

頭を冷やして考えてみます。
ありがとうございました。
Commented by 今人 at 2015-04-21 06:59 x
迎え梅雨天突く松葉青々し → ??

霧子さん、だいたい作句の流れが分かったようですね
コンスタントに良句が生まれる、素敵なことです
秀句は多作があってこそのものです
ただし、駄句の中からは絶対に登場しません
Commented by kei9594wa1576 at 2015-04-21 10:21
今人さま

ありがとうございました。
今回の「印」は今までと変わっていますね。
教えていただけるので少しずつ前に進めます。
よろしくお願いします。
Commented by 今人 at 2015-04-21 18:06 x
|  × 
|  ○ まる   良句
|  ◎ 二重丸  佳句
↓  ?? 花丸   秀句

ですよ
Commented by kei9594wa1576 at 2015-04-21 20:38
今人さま

わかりました。
じゃあ、今回の句は花丸ですね。
line

花鳥風月を写真と俳句に


by 笹嶺霧子
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー