PHOTO俳句ブログ

雑詠5月24日

c0330122_19454505.jpg



*梅雨曇をさなの跳ねる遊園地

**梅雨曇幼子はづむ遊園地


をさな→ 幼子

[PR]

by kei9594wa1576 | 2015-05-24 19:53 | 俳句 | Comments(6)
Commented by 今人 at 2015-05-25 12:57 x
梅雨曇おさなの跳ねる遊園地 → もう少し磨きたい

「おさな」は、古語なら「をさな」、
ここは無理せず漢字で良いと思います。
幼子が跳ねるのは少し遠くありませんか。
わたしなら、こう詠みます。

梅雨雲の幼子はづむ遊園地
Commented by kei9594wa1576 at 2015-05-25 13:20
今人さま

はねるというのは飛躍しすぎました。
はづむは良いなと思います。
Commented by 今人 at 2015-05-26 15:01 x
居ぬ人と愛し今この花菖蒲  → 居ぬ人と愛でし今この花菖蒲
梅雨曇の幼子はづむ遊園地  → 梅雨曇りの幼子はづむ遊園地

両句とも送り仮名に要注意
Commented by kei9594wa1576 at 2015-05-26 15:59
今人さま

送り仮名で読み方も違ってくるのですね。
気をつけます。

「梅雨曇」はいただいたファイル仲夏の季語の中にこの文字がありますが、どうなのでしょうか。
この三文字で「つゆぐもり」と読むのかと思いました。
Commented at 2015-05-26 17:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kei9594wa1576 at 2015-05-26 18:07
今人さま

梅雨雲と書かれていますね。
判別が着きませんでした。
ありがとうございます。
<< 雑詠5月26日 雑詠5月22日 >>