PHOTO俳句ブログ

雑詠7月22日

c0330122_09344867.jpg



*年いちど賑わう雨の夏祭り

**和太鼓のばち音轟く驟雨かな


*雲居路の蝉かしましや雨あがる

**雨あがる雲居路の蝉音の忙し


***雲居路の蝉の忙しや雨あがる



[PR]

by kei9594wa1576 | 2015-07-22 09:37 | 俳句 | Comments(4)
Commented by 今人 at 2015-07-24 14:34 x
年いちど賑わう雨の夏祭り ⇒ やり直し

はい、そうですか。年に一度の賑わう夏祭りだったのに
雨だったのですね。うーん。

雲居路の蝉かしましや雨あがる ⇒ やり直し

「かしましや」を替えたい。
Commented by kei9594wa1576 at 2015-07-24 18:10
いつもアドバイスをありがとうございます。
作句はしていますが推敲がなかなかできません。
できる範囲で推敲させていただきます。
Commented by 今人 at 2015-07-25 09:01 x
年いちど賑わう雨の夏祭り
     ↓
和太鼓のばち音轟く驟雨かな ⇒ 〇

原句と推敲句の違いをよく考えてみてください。
わたしが思うには、原句は作者が見たことを
そのまま書いているから、読み手はああそうですか
となります。推敲句は太鼓の叩く音が驟雨と音と
重なっていると感じますから読み手は場景を想像
できます。

雲居路の蝉かしましや雨あがる
     ↓
雨あがる雲居路の蝉音の忙し ⇒ 〇

わたしなら 
雲居路の蝉の忙しや雨あがる
「蝉音」の箇所がごちゃごちゃで音律が悪い。



Commented by kei9594wa1576 at 2015-07-25 18:49
今人様

確かにごちゃごちゃしていますね。
読み方は「雨あがる雲居路の蝉 音(ね)の忙し(せわし) のつもりだったのですが。
<< 雑詠7月24日 雑詠7月21日 >>