糠雨

c0330122_16050172.jpg

秋闌ける奥山の湯のぬるかりき


c0330122_16155032.jpg


人けのない木立の中をゆく
芒が一斉に頭を垂れて迎えてくれた

霧に覆われた山の稜線に
こぼれるような秋を感じた


秋闌ける→ あきたける 
冬にうつろうとする時期で一年のうちでも自然の姿がいちばんものがなしくかんじられるとき



トラックバックURL : https://kei9594wa.exblog.jp/tb/28054843
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kei9594wa1576 | 2017-10-19 16:27 | 写真 | Trackback | Comments(0)

自宅の庭の花や風景写真に俳句を添えて掲載しています。