神無月自選句no.1

c0330122_17403925.jpg

うちうみの真珠筏や秋深し

ひとりゆく山路静かや花芒

茶の花や俯きしまま毀れけり

方言のお喋り楽し秋燕

朝顔の仕舞の一つ終はるまで

風の道山辺の径や神輿草

畑いっぱい紫紺極むる菊日和

秋寂ぶや来し方思ふ甲斐なきに

風伝ふ木犀の香の夕べかな

巡礼の同行二人秋真昼



[PR]
Commented by cfc999 at 2018-10-18 19:05
笹嶺霧子さん、こんばんは。

 今回の俳句の中でも私の好きなのは

 うちうみの真珠筏や秋深し
      と
 風の道山辺の径や神輿草
      です。
なにか素人の私にもイメージしやすいのを選びましたが (汗

いつもイイネをありがとうございます。^^
Commented by kei9594wa1576 at 2018-10-18 20:50
> cfc999さん

いつもコメントをありがとうございます。うれしいです。

今日は句会でしたのでこの10句を出しました。
「うちうみの」は平凡すぎるかなとも思ったのですが、南の国道をドライブすると見える景色を詠みました。
私も句会でわかりやすい言葉が使われている句を選句します。

ご存じだと思いますが、ゲンノショウコが可愛かったので語呂が合う別名「神輿草」を使いました。

by kei9594wa1576 | 2018-10-18 17:46 | 俳句 | Comments(2)

自宅の庭の花や風景写真に俳句を添えて掲載しています。